水虫

  1. ホーム
  2. 皮膚科
  3. 水虫

水虫

直接真菌顕微鏡検査を行い、水虫がいるかどうかを判定し、いる場合は、抗真菌薬の内服、外用剤を処方します。

水虫は自覚症状がなくなっても、まだしつこく皮膚にいつづけます。医師からのOKがでるまで治療を続けられると完治が目指せます。家庭内感染の予防についてアドバイスをいたします。

爪水虫は、実は非常にありふれた病気で、日本人の10人に1人が爪水虫といわれています。爪水虫の方は、足の皮膚の水虫を気付かず放置されてからなっている場合がほとんどですが、痛みもかゆみもないので気付かないでおられる方が多いですね。爪水虫で肝要なのは、きちんと診断をすることです。見ただけでは判断がつかず、必ず顕微鏡検査で診断が必要です。爪が白く、分厚くなっただけでは、ほかの病気の可能性もあります。(尋常性乾癬、手の湿疹、掌蹠膿疱症、円形脱毛症、爪のほかの病気など)

爪水虫の場合は、1日1回1錠内服を6か月続けるテルビナフィンか、1週間飲んで3週間休むを3サイクル続けるイトラコナゾールのどちらかを選択して飲んでいただくことがほとんどです。途中採血して肝臓腎臓機能を調べます。外用薬はいろいろな種類の処方が可能ですので、ご希望のものを処方いたします。病変におかされている爪をニッパーやヤスリで削って、そこにつけていくとより効果的です。

ページの先頭に戻る