皮膚腫瘍

  1. ホーム
  2. 皮膚科
  3. 皮膚腫瘍

皮膚腫瘍

ダーモスコピーという皮膚をみる専用の機械があり、これで形状、色調などから良性、あるいは悪性が考えられるのかなどを診察したうえで、より傷跡の少ない治療方法を考えてゆきます。小手術であれば、日帰りで手術することが可能です。日帰り手術の手術時間は短いもので5~10分で済みます。局所麻酔がチクっと痛みますが、術中の痛みはありません。ただ局所麻酔を使用する場合は改めて別の手術日を予約していただきます。

当院では粉瘤(ニキビの親玉、おできともいう)などの手術をされにこられる方が多いです。これらは切除しない限りなくなるということはなく、徐々に大きくなってしまいます。またこれが感染しますと感染性粉瘤になり、痛み、熱感を引き起こします。手術は傷跡をできるだけ小さくするために、くりぬき法(粉瘤が皮膚に開口している部分をくりぬき、切り口を小さくする)を基本として行っております。

ページの先頭に戻る