水イボ

  1. ホーム
  2. 皮膚科
  3. 水イボ

水イボ

水イボは医学的には伝染性軟属腫といって、ウイルスでうつる病気です。丸く白いポツっとしたところにウイルスがいて、かくと広がります。子供同士でうつしあいますが特にプールでうつるというわけではありません。この病気には免疫(ウイルスを体の中にいれない力のこと)が大きく関与していて、大人がほとんど水イボにならないのはもうすでに「ミズイボに対する免疫力」をもっているからなのです。子供もこの免疫さえつけば一晩寝ている間に水イボが消えいていたり、もう他人からうつらなくなるのですが、そうなるのはだいたい7~8歳までかかると思われます。

いったん水イボになると免疫力がつくまで体中に増え続け、免疫力がついたとたん消滅するわけです。また、水イボは特にかゆい、かきむしるとトビヒになる可能性があるだけで医学的には必ず取る必要はないのですが、プール、幼稚園など子供を集めた組織では一定の取り決めをすることが多く、「水イボを取らないとプールにはいれない」などと言われるようです。水イボをとっていきたいと思われるなら当院では4つの方法があります。

  • ピンセットのようなものでつまみとる
    すぐとれて、当日お風呂も入れますが、子供が小さい場合痛がります。
  • ペンレステープという痛み止めシール貼ってきていただき、ピンセットでつまみ取る
    この方法は、来院される1時間前に水いぼの個所にテープを貼ってきていただきます。
    痛みが少なくなり、お子様の処置に対しての恐怖も軽減できます。
  • 液体窒素というドライアイスの液体のような冷たいものをつける方法
    痛みは少ないのですが、すぐにはとれず何回か通院の必要があります。つけたところがしばらく色素沈着します。免疫のそろそろつきそうな子供には有効ですが、幼少ですと、あまり効果がでません。
  • モノクロ酢酸
    痛みが少なく、塗るだけですが、6時間くらい水に濡らさないことと、有害物質なので、取扱注意です。
  • ミズイボ軟膏
    現在クリニックでは、ミズイボ軟膏を作成し、塗るだけでとれていくように、少しでも子供さんの痛みが少ないようにと工夫しております。

ページの先頭に戻る