女性の薄毛治療

  1. ホーム
  2. 美容皮膚科
  3. 女性の薄毛治療

ここ数年、薄毛で悩む女性が増加傾向にあると言われています。
ヘアケア商品(シャンプー・トリートメント・カラーリング・パーマ)による頭皮のトラブル、出産後及び更年期障害等によるホルモンバランスの変化などが大きな原因となっています。

薄毛の種類と見分け方

01瀰漫性脱毛タイプ

トップのボリュームが減ってきている
分け目が広く、地肌が透けている

02分娩後脱毛タイプ

出産後は、女性ホルモンバランスが変化するため、一気に毛髪が休止期に入ってしまい、薄毛の症状が出てきます。若い女性でも産後は薄毛に悩む方が多いのです。

起こりうる原因

頭皮のトラブル
カラーリング
パーマ
頭皮疾患
ストレス
食生活の乱れ
極端なダイエット
ホルモンバランスの変化
出産
更年期障害

男性の薄毛(AGA)に比べ、女性の薄毛の原因は複雑なため、抜け毛が悪化する前に、治療することが大切です。

脱毛症の治療

01成長因子毛髪再生治療

成長因子再生療法は、薄毛の原因の大きな要因となっている“成長因子の不足”に着目した毛髪再生治療です。この成長因子を頭皮に補うことで、頭皮の毛髪成長シグナルを正常に戻し、女性の抜け毛や薄毛に対して優れた発毛効果を発揮します。
ダーマスタンプで成長因子を頭皮に注入します。

02漢方薬処方

毛髪治療の効果を最大化する漢方薬を処方

西洋医学的に万全の状態で治療に臨んでも、東洋医学で心身のバランスを表す「気・血・水」の異常といった問題が隠れていると、治療効果を最大限に発揮できない場合があります。
そこで当院では、毛髪治療の効果を最大化するための東洋医学的ケアも実施。薄毛や抜け毛の原因となる血の不足や冷え、ストレス、頭皮の炎症を改善するなど、症状に応じた漢方薬を処方しています。
女性の体質改善をすることにより発毛効果をあげます。

03CO2注入療法

女性のための薄毛治療

内服薬、外用薬、注入療法など、複数の治療方法があり、既に多くの発毛実績があります。
また、毛髪治療をサポートする漢方やヘアケア用品も用意があり、薄毛への総合的なアプローチが可能です。
当院では、注入療法をはじめ、各種内服薬・外用薬を組み合わせた複合治療により発毛効果を最大限に発揮させることを目指しています。
体質・症状・予算などに合わせ、医師が最適な組み合わせを提案します。

ページの先頭に戻る