薄毛(脱毛症・AGA)

  1. ホーム
  2. 美容皮膚科
  3. 薄毛(脱毛症・AGA)

薄毛(脱毛症・AGA)には男性型脱毛症(AGA)、女性型脱毛症、円形脱毛症、その他の脱毛症があります。

男性型脱毛症(AGA)は、成人男性の30%にみられ、男性ホルモンが原因とされています。
いろいろなタイプの抜け方があります。
これには、保険適応外になりますが、プロペシアという内服薬がかなり効果を出します。
1日1回1錠飲みつづけます。
報告によると1年後で改善率58%、維持率40%、3年後で改善率78%、維持率20%ですので、男性脱毛治療の中ではかなり高い効果であるといわざるをえません。

薄毛の治療法

当院では下記のすべてを採用しておりますので、ベストな方法が選べます。

01外用療法

保険適応の塩酸カロプロニウム液(発毛促進効果)、外用ステロイド薬、非保険適応の ミノキシジル液、ロゲイン液等

02内服療法

保険適応 セファランチン、グリチロン
男性用の非保険適応 AGA(プロペシア)
女性用のパントガール(総合ビタミン剤)、ミノキシジル内服

03エキシマレーザー治療

04注射による治療

局所ステロイド療法:2週間に一度ほどの通院が望ましいです。

05PFC療法

準備中

06局所免疫療法

SADBEあるいはDPCPによる局所免疫療法は保険外診療ですので、治療前に接触皮膚炎等の副作用について文書で患者に説明し、書面で同意を得ることが望ましいと思います。
手技としては、まず脱毛部あるいは上腕内側に1~2%SADBE あるいはDPCPをパッチテストと同様に 48時間貼付して感作させます。48時間に満たなくとも瘙痒、紅斑が高度であれば貼付を中止させ、感作部を洗浄させます。
2~3週後から脱毛部に低濃度の感作物質溶液を綿棒や筆で1~2週間に一度外用します。洗髪は外用の10~12 時間後に行います。
初回濃度の設定は感作の程度を勘案して、または複数の異なる濃度を部位別に外用して決めます。軽度の瘙痒感が2~3日続く濃度が最適な濃度と言えます。薄い濃度から最適な濃度まで上げていき、同濃度で外用を維持します。
原則としてステロイド外用との併用は行いません。
発毛が認められてからも3~4週に一度、外用を継続します。高度な接触皮膚炎、自家感作性皮膚炎、蕁麻疹等が生じた場合は局所免疫療法を中止し、抗アレルギー剤の内服やステロイド軟こうの外用を行います。

女性型脱毛症
頭頂部を中心に広く薄毛がみられ、完全に脱毛を起こすことはないですが、毛が薄くなったり細くなったりします。
更年期以降になられる方が多いです。
治療としては、保険適応で内服薬、女性ホルモンや血の流れを活発にするためのビタミン剤、漢方薬をお勧めしたり、塩化カロプロニウムの外用薬の処方があります。保険外の治療ではミノキシジル外用薬、パントガールという内服薬、HARG療法があります。
円形脱毛症
ストレスによって起こることが多いといわれています。治療としては保険適応でステロイド外用剤、塩化カロプロニウム外用剤(毛根を刺激することにより発毛を促します)、液体窒素冷却療法(液体窒素を綿ぼうにつけ、脱毛しているところに押しつけます。
少しピリっとしますが痛いほどではないです)、局所ステロイド治療(脱毛部分にステロイドを直接頭皮に注射します)、内服治療、エキシマレーザーなどがあります。

07サイトカイン注射

治療の流れ

まず医師による診察を受けていただきます。場合によっては内臓疾患が疑われるような場合は採血を必要とします。
診断後、プロペシア内服、またはドクターズヘア、他の内服、外用剤が適応すると思われましたら、専門スタッフよる詳細なカウンセリングを行います。
ご希望に応じて、毛髪検査やAGA遺伝検査が行われます。
治療方法が確定しましたら、1ヶ月分のセットをまずお渡しいたします。
慣れてこられたり、ご希望がありましたら最大3ヶ月分までのセットをお渡しいたします。

お勧めの方

  • 薄毛でお悩みの男性
  • プロペシアだけでは満足できない方
  • 薄毛でお悩みの女性
  • 髪のコシやハリがなくフケなどのトラブルが多い方
  • 自宅で簡単にケアできるものが使いたい方
  • 市販の育毛剤では効果がわからない方
  • 更年期になり抜け毛が多くなった気がする方

特に女性はプロペシアの内服ができないため、従来は治療法がないとされていました。そういう方にお勧めです。

今の毛量に満足していますか?

フィナステリド(プロペシア)のみの単剤処方は、脱毛の進行を抑える【脱毛進行を遅延させる】働きがあると言われていますが、頭髪の状況が改善(発毛)したというデータは、ほんの数パーセントしかないことをご存知でしょうか。
今やどこの病院、クリニックに行ってもAGA治療にフィナステリドの単剤処方で対応してくれることでしょう。
カウンセリングや経過管理を必要とせず、「今の頭髪状態を現状維持できれば満足」という方には大変有用な治療法です。
しかし、現状維持しているのか、日々の抜け毛を見ていると不安になる方も多いものです。
ドクターズヘアでは、医師による現状維持以上の発毛(毛髪密度増量)を目指した治療を紹介しています。
今の毛量に満足していない方は、ぜひ一度ご相談ください。

AGA治療法の比較(ドクターズヘア社による比較)

  ドクターズヘア 一般の頭髪治療 民間のエステ
目的 発毛(自毛を生やす) 育毛(今ある毛を育てる) 発毛または育毛
費用 33,000円 7,000円~15,000円 200,000円~1,500,000円
(半年~1年)
検査 血液検査・血圧検査 無し 無し
通院頻度 月1回の来院を推奨 ご自身の希望によって異なる 月1~2回
処方薬ほか ・フィナステリド・ミノキシジル・サプリメント・オリジナルミスト・オリジナルシャンプー 主にプロペシア錠のみ サロン独自の施術
効果判定 有り(経過写真) 無し 無し
メリット
  • 明瞭な発毛効果
  • 費用が抑えられる
  • 育毛が目的なら良
  • 体験コースを受けられる場合がある
  • マッサージなど心地よい
  • 毛穴の汚れがとれる
デメリット
  • 一般の頭髪治療病院に比べると費用がかかる
  • 明瞭な発毛効果が期待できない
  • 医学的根拠がない
  • 効果に個人差が大きい
  • あらかじめコース期間が決められており、高額な費用がかかる

メンズセットでは、フィナステリド、ミノキシジル、亜鉛酵母等の内服薬に、オリジナルシャンプーがつきます。(主な配合成分として、9種類の植物エキス、植物プラセンタ、エナンチアクロランタ樹皮エキス、イチョウ葉エキス、ヤナギ葉エキス、レモングラス油、パンテノール、ビオチン、ビタミンEが入っています)
レディースセットは、ミノキシジル、亜鉛酵母等、マルチビタミンの入った内服薬に同様のオリジナルシャンプーがつきます。
1ヶ月毎日内服ですと33,000円かかります。軽度の方、また維持期に入られた方は隔日内服に変更となります。

その他オプションメニューとして

単品のミノキシジル5%配合液、7%配合液、15%配合液、16%プラスフィナステリド0.1%配合液、女性用のロゲイン、パントビガール、パントスチンなどがあります。

KIPスカルプエッセンス:薄毛、抜け毛対策に最適な頭皮用美容液

1本 19,800円

Hair Max:発毛効果がある家庭用レーザー発毛機器

1台 74,800円

AGAアンサーチェック:将来的な薄毛の可能性とAGA治療薬の効果を予測します。

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモン中のアンドロゲンによる影響が最も大きいと考えられています。AGAアンサーチェックではこのアンドロゲンを受け取る受容体の感受性の高さを遺伝子レベルで分析し、AGAのリスクを予想します。

この検査でわかること

  • AGA発症リスク
  • フィナステリドの感受性(治療効果の予測です)

料金

費用:16,500円
毛髪ミネラル検査費用:14,300円(発毛効果を阻害する有毒ミネラルなどをチェック)

ページの先頭に戻る