眼瞼黄色腫(がんけんおうしょくしゅ)

  1. ホーム
  2. 美容皮膚科
  3. 眼瞼黄色腫(がんけんおうしょくしゅ)

瞼黄色腫は、まぶたのコレステロール沈着であり、アテローム同様にコレステロールを吸収し、泡沫細胞として存在するマクロファージから構成されています。血中の脂質レベルが高いケースが多く、採血などの検査をします。しかし、半分は脂質レベル正常ですが、まぶたにのみ沈着するタイプがあります。

眼瞼黄色腫の治療方法

眼瞼黄色腫瘍の治療法には、CO2(炭酸ガス)レーザー治療の方法があります。この治療は、患部に局所麻酔を行なった後、CO2(炭酸ガス)レーザーを黄色腫に照射し、組織を切開・蒸散する方法です。治療時間は数分程度で済み痛みも少ないため当日から洗顔も可能です。レーザー治療の後は、自宅で軟膏治療を行うと徐々に腫れや赤みが取れ、目立たない傷痕になっていきます。

ページの先頭に戻る